本文へスキップ

輪島温泉郷の宿  朝市と漆器の町  

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0768-22-0943

ご予約はこちら

見所・史跡A visit place, a historic spot

見学所

輪島朝市

   朝市 加能蟹 香箱蟹 鮑のステーキ 鮑の刺身 甘エビ

本町通・朝市通のホームページ
地元の人たちの物々交換から始まったという朝市は、今ではすっかり輪島の名物になりました。河井町の路上、およそ360mにわたって居並ぶ露店約250軒。道路に敷いたビニールシートや簡単な屋台の上には、今しがた港でセリ落としたばかりの鮮魚をはじめ、輪島名物の蒸しアワビや潮干物、野菜、漬物、果物、花、民芸品などが所狭しと並びます。
開催時間:午前8:00から正午まで
定休日 :毎月 第2・4水曜日と正月1・2・3日
臨時営業日:8月中の水曜日
マイカーで朝市にお越しの方は、朝市から徒歩1分の朝市駐車場をご利用ください。
(午前中有料−普通車650台、大型バス25台収容可能、駐車料金普通車300円、大型バス2000円です)         

 

御陣乗太鼓

 温泉の宿 輪島の宿 朝市 日本海 石川県 北陸 千枚田 御陣乗太鼓
名舟町に古くから伝わる太鼓で、天正5年(1577年)、上杉謙信の能登攻略のとき、古老の一計で、奇妙な面を付け、陣太鼓を打ち鳴らし上杉軍に奇襲をかけ敗走させたのが始まりといわれる。御陣乗太鼓の伝承は地元に生まれたものにしか資格がなく、地元の子供たちは週2回、大人は毎晩太鼓の練習をしている。 

 

見学所

時国家
 温泉の宿 輪島の宿 朝市 日本海 石川県 北陸 千枚田 時国家

上時国家
「平家にあらずんば人にあらず」の言葉で知られ、壇ノ浦の合戦で敗れた後、能登へ配流された平時忠を始祖とする時国家。上時国家は約160年前に28年の歳月をかけて建てられ、茅葺き屋根が特徴。大納言の格式を残す豪華な天井のある大納言の間が見ものです。
問:0768-32-0171 8:30〜18:00(10〜3月は〜17:00) 入館料420円 

總持寺祖院
 温泉の宿 輪島の宿 朝市 日本海 石川県 北陸 千枚田 總持寺

山門(さんもん)
空(くう)、無想(むそう)、無作(むさ)の山解脱(さんげだつ)に入るという意味から「三門」とも呼ばれています。焼失後、昭和7年真鍋老師により再建されました。高さ17.4m、間口20m、奥行14.4mと堂々とした入母屋造りの優美な近代建築です。山門の上には観音様、地蔵様の他五百羅漢もまつられています。

【總持寺祖院】
お参りの心得
●係員に従って順序よく左側から通行して下さい。
●酔った人、他人に迷惑をかける行為をする人の参拝はお断りします。
●喫煙は所定の場所でして下さい。(それ以外は禁煙)
●鐘、太鼓等、鳴らし物には触れないで下さい。