本文へスキップ

美食を楽しむ旅をご提案。○○町の宿 温泉民宿 海辺

アクセスaccess

周辺地図

温泉民宿 海辺

〒928-0001 石川県輪島市河井町6-136-7
TEL.0768-22-0943

アクセス

ビル外観

電車の場合

●東京から
上越新幹線越後湯沢乗換
金沢経由・和倉温泉まで直通特急で ⇒約5時間
●大阪から
金沢経由・和倉温泉まで直通特急で ⇒約3時間30分
●名古屋から
金沢経由・和倉温泉まで直通特急で ⇒約4時間
※和倉温泉駅から特急バス乗り換えで輪島駅まで約60分
特急バス
金沢駅から輪島駅・・・約2時間
和倉温泉駅から輪島駅・・・約1時間

自動車の場合

能登空港インターチェンジから約20分。
※駐車場14台(無料)

●東京から
東名・名神・北陸自動車道(金沢森本IC)・能登有料道路(穴水IC)にて⇒約8時間30分
関越・北陸自動車道(金沢森本IC)・能登有料道路(穴水IC)にて⇒約9時間
●大阪から
名神・北陸自動車道(金沢森本IC)・能登有料道路(能登空港IC)にて⇒約5時間30分
●名古屋から
名神・北陸自動車道(金沢森本IC)・能登有料道路(能登空港IC)にて⇒約5時間30分
●金沢から
能登有料道路にて⇒約1時間40分

飛行機の場合

●能登空港
羽田から(1日2便)約1時間
ふるさとタクシー(要予約)
港観光バス梶@TEL(0768)-22-2360
能登空港から輪島へはふるさとタクシーが便利です。(約30分)
乗車時に(温泉民宿 海辺)と云えば当館まで送迎してくれます。
運賃一律700円(輪島市内までの片道料金・1人分
レンタカー 石川県レンタカー協会 TEL(076)241-2129
●小松空港
航 路 便数 所要時間
東京(羽田)から小松 11便 約1時間
札幌(千歳)から小松 1便 約1時間30分
仙台から小松 1便 約1時間
福岡から小松 3便 約1時間15分
鹿児島から小松 1便 約1時間20分
那覇から小松 1便 約2時間10分
ソウルから小松 週2便 約1時間30分
小松空港から特急バスで金沢駅まで・・・約40分
金沢駅から特急バスで輪島駅まで・・・約2時間
能登有料道路にて⇒約1時間40分

周辺ガイド

○○○公園写真

輪島の朝市

一千年以上も前から続く、輪島の朝市。この歴史の中で売る者と買う者との心の触れ合いが生まれてきました。
売る者も女、買う者も女の朝市。町の一日は、朝市の「買うてくだぁー」の呼び声から始まります。
野菜などは周辺農家のおばちゃん、活きのいい魚貝・海草は漁師町の女衆が売りに出ます。

■営業時間 午前8時から正午まで
※マイカーで朝市にお越しの方は、朝市から徒歩1分の朝市駐車場」をご利用ください。

平成25年度:輪島朝市の定休日
  ・正月3が日と毎月第2・4水曜日
  ・臨時営業日は平成25年8月14日(水)

○○○祭りイメージ

白米千枚田(しろよね せんまいだ)

千枚田は国道249号線沿い、輪島と曽々木の中間辺りに位置し、小さな田が幾何学模様を描いて海岸まで続いています。田の枚数は国指定部分で1,004枚もあります。春から夏には海に沈む夕日が田に映えて美しく絶好の撮影ポイントとなります。

○○○海浜公園写真

曽々木海岸・窓岩(そそぎかいがん・まどいわ)

冬の厳しい日本海の荒波をまともに受ける男性的な荒々しい海岸線が続く曽々木海岸。そのシンボル的な存在として「窓岩」があります。板状の岩の真ん中に直径2mほどの穴が開いている奇岩です。冬季は波の花が大量に発生します。

○○○公園写真

舳倉島(へぐらじま)

舳倉島は、輪島港の北方約50kmに位置し、周囲約4kmの小さな島です。
絶海の孤島であるため厳しい日本海の荒波のを直接受け、複雑な入り江や北西側の海岸は高さ10mにおよぶ断崖がつらなります。絶好の漁場であり夏には海女たちがアワビやサザエをとるため海に潜ります。また、バードウォッチングの穴場であり、日本でここでしか見られない渡り鳥も多いです。島へは定期船が一日一往復しています。野鳥観察に最適な愛らんどタワー(簡易水道高架配水塔)ができました。

○○○祭りイメージ

上・下時国家(ときくにけ)

上時国家、下時国家は、源平・壇ノ浦の戦いで敗れた平家一門のうち、「平家にあらずんば人にあらず」と奢った言葉を述べた事で知られる武将・平大納言時忠の末裔と呼ばれる時国家の豪壮な邸宅です。
両家とも約800年の歴史を受け継ぎ、現在にいたっています。

○○○海浜公園写真

キリコ会館

能登地方の夏秋の祭礼には各町内からキリコと呼ぶ巨大な御神灯を神輿のお供にかつぎだす習慣があります。キリコ会館のメイン会場「キリコの杜」には、3基の神輿と大柱タイマツ、そして能登地方独特の大小さまざまな20数本のキリコがところせましと立ち並んでいます。